100万得する!車お役立ち情報
中古車の相場情報をタイムリーにお伝えします!他にも車の登録費用、車庫証明、査定、燃費、など車の総合情報サイトです。

現在中古車ディーラーで働いている、現役セールスマンがお届けする車に関するサイトです。 名義変更、車庫証明、査定の金額アップ、ETCに関すること、またまた皆さん気になる中古車の相場についてお伝えします!
スポンサード リンク

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
リサイクル料金について
リサイクル料金とは平成17年よりスタートした、リサイクル法に関連した費用のことです。

リサイクル料金はその車によって金額が変わってきます。
エアコンやエアバックの処理料で金額が変わるため、その有無によりリサイクル料金が大きく違ってきます。。

基本的には新車を購入する時に払います。
このリサイクル料金は一度支払えば、もう払う必要はありません。
スポンサーサイト
自賠責保険について
自賠責保険は車の所有者や使用者に加入が義務づけられています。

新車を購入したときや車検のときに車検の期間分を前払いします。

保険の料率は全国一律ではなく、本土離島、沖縄、沖縄離島など、一部の地域で違います。

平成17年に値上がりし、現在乗用車24ヶ月分で29780円です。
消費税について
消費税はもう説明するまでもありませんよね。
車の場合も同様に、5%かかります。

気をつけていただきたいのは、消費税がかかる項目についてです。
印紙や他の税金、また保険など対してはかかりません。
その他お店の手数料などにはかかってきます。
重量税について
重量税とは、文字通り車の車輌重量によってかかる税金です。
重量税は国税になります。

新車を購入した時、または車検を受ける時に、車検の期間分を払います。
すなわち乗用車の場合は、新車時には3年分の重量税、車検を受けるときは2年分の重量税を払います。

中古車を購入する時は、車検が残っている、いわゆる名義変更だけで済む車に関しては、この重量税は支払う必要はありません。
取得税について
取得税とは車の購入したときに、その取得に対してかかってくる税金です。
この税金も都道府県税になります。

新車を購入するとその購入価格のの5%の取得税がかかってきます。
軽自動車の場合は3%です。
この場合の購入価格にはオプションでつけた装備も含まれますので、オプション部品は後でつけることで取得税を節約できます。

中古車の場合の取得税の計算方法はもう少し複雑です。
新車時の価格を基準とて、その車の経過年数を元に計算します。
自動車税について
自動車税とは毎年4月1日時点で、車の所有者が支払う税金で、都道府県税となります。

年度の途中で車を購入する時は、車を登録する月の翌月から翌3月までの税金を月割りで計算して払います。

軽自動車の場合は、この月割りがありませんので、年度の途中でも自動車税を支払う必要はありません。

排気量      年額自動車税
1000cc以下     29500円
1001~1500cc以下  34500円
1501~2000cc以下  39500円
2001~2500cc以下  45000円
2501~3000cc以下  51000円
3001~3500cc以下  58000円
3501~4000cc以下  66500円
4001~4500cc以下  76500円
4501~6000cc以下  88000円
6001cc以上     101700円 

軽の乗用車の場合は一年間で7200円です。安いですね!
車の諸費用について
新車や中古車を購入すると、車両本体価格以外にもいろいろな諸費用がかかってきます。

この諸費用の中には、税金や保険など必ず支払わなくてはならない費用と、いわゆる業者の手数料とが混ざっています。

業者の手数料の場合、自分で登録などをすることで支払いを節約することも出来ます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。