100万得する!車お役立ち情報
中古車の相場情報をタイムリーにお伝えします!他にも車の登録費用、車庫証明、査定、燃費、など車の総合情報サイトです。

現在中古車ディーラーで働いている、現役セールスマンがお届けする車に関するサイトです。 名義変更、車庫証明、査定の金額アップ、ETCに関すること、またまた皆さん気になる中古車の相場についてお伝えします!
スポンサード リンク

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブレーキオイルは注ぎ足してはいけない
車にはオイルがたくさん使われていますよね。
エンジンオイルやミッションオイルなどいろいろな種類があります。

今回はそんなオイルについての注意点を少しお話します。


少し車に詳しい人になると、ボンネットを開け、オイルの点検ぐらいは自分でやられるのではないでしょうか?

その時普通オイルが減っていると注ぎ足しをしますよね。
エンジンオイルなどはそれでもOKです。

しかしブレーキオイルに関しては注意して下さい。

というのもブレーキオイルの場合、減っているのには何らかの原因があるのです。
主にはブレーキのパットの残量が減っている場合が多いでしょう。

そのため安易に注ぎ足して安心していると、ブレーキのトラブルに気がつかずに大事に至ることもあります。

フレーキオイルは減っていたら修理屋さんに見てもらいましょう!

●確認していますか!事故車や年式の古い車を高値で売る方法。事故車以外もOKですよ!
スポンサーサイト

テーマ:トラブル&対策 - ジャンル:車・バイク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。